資源は呪いの餌食になるおそれがあることだ

二一世紀の学問として存在意義はないのではなかろうか環境と
廃棄物等の有効活用を図る優良事業者の育成循環産業の確立を図るためには、これまで排出された廃棄物を処理していくことに重きを置いてきた廃棄物処理業について、廃棄物処理にとどまらず、廃棄物等を貴重な資源としてとらえ、それを積極的に循環利用する事業形態への転換の流れを一層加速していく必要がある。このため、1に掲げる取組に加えて、以下の取組を進める。(a)産業廃棄物処理について、優良事業者が社会的に評価され、不法投棄や不適正処理を行う事業者が淘汰される環境を充実させるため、優良産廃処理業者認定制度·熱回収施設設置者認定制度の普及や、優良事例の情報発信を強化する。(b)環境配慮設計や資源生産性の向上等を促進するとともに、再生原材料の利用拡大など製造業者等とリサイクル事業者等が一体となった取組の拡大を促す。(c)リユース市場の拡大に向けて、優良なリユース事業者の育成とリユース品の品質の確保に向けた取組を促進する。
資源なら何でもあるといえるほどであるエネルギー
(d)循環資源を用いた再生品等の品質や安全性を高めていくとともに、そのブランド化等により競争力強化を図る。また、リユース製品やリサイクル製等の品質·安全性·環境負荷低減効果についてわかりやすく提供·表示する、エコマーク等の環境ラベリング等の取組を促進する。(e)国自らが率先して、グリーン購入·グリーン契約に取り組み、リデュース·リユース製品にも重点を置いて3R製品等を調達するとともに、等を積極的に利用する。(f)地方公共団体における廃棄物処理の透明化を図るため、一般廃棄物会計基準の普及を進める。(g)各事業者における、環境マネジメントシステムの導入、環境報告書や環境会計の作成·公表等の取組を促進する。

資源化等を促進するよう努めなければならない
「鉱物資源の品位」採掘される鉱石に含まれる金属資源の量であり、通常は質量比で示されます。純物の増加に伴う環境負荷の増加も懸念されます。鉱物資源の品位の低下は、生産コストの上昇を招くおそれがあるほか、製錬に必要となるエネルギーや排出される不デカップリング)デカップリングとは「分離」を意味する言葉です。環境分野では、経済が成長する方で、環境負荷は逆に減少する(絶対的デカップリング)、あるいは環境負荷は増加するもののその増加率は経済成長の伸び率を下回る(相対的デカップリング)という望ましい状況をさします。デカップリング指標は、環境負荷の増大と経済成長の分離度をはかる指標であり、資源生産性(=GDP/天然資源等投入量)はそのような指標の代表例です。R(リデュース·リユース)」3R(リデュース、リユース、リサイクル)のうち、リサイクルに比べて優先順位が高いものの取組が遅れている「リデュース」「リユース」を特に抜き出して「2R」としてまとめて呼称しているものをいいます。「リデュース」は、廃棄物等の発生自体を抑制すること。廃棄物等は、いったん発生してしまえば、資源として循環的な利用を行う場合であっても、少なからず環境への負荷を生じさせてしまいます。廃棄物等の処理に由来する環境負荷を低減させるためには、廃棄物等を発生させないことが、最も効果的となります。「リユース」は、いったん使用された製品1、部品、容器等を再び使用することをいいます。形状を維持したまま使用することから、「リサイクル」に比べ、般的に資源の滅失が少なく、また、その過程から発生する廃棄物等の量も少ないと指摘され「グリーン·イノベーション」「イノベーション」とは、これまでのモノ·仕組みなどに対して、全く新しい技術や考え方を取り入れて新たな価値を生み出し、とは、特に「環境·エネルギー分野」における「イノベーション」をいいます。

廃棄物を引き取る業者も
掃除ができます

店の周りをごみ溜めにしてごみ屋にしてしまったから当然ですが。リサイクルショップは,時的に物があふれる事もあるし、不法投棄の恐れがあったり、大家さんにとっても不安やストレスがすごくかかります。ちゃんと説明して理解していただく。むしろファンになっていただくくらいのコミュニケーションは必要でしょう。店が赤字で潰れるかどうかの瀬戸際では、家賃の値下げ交渉も必要になります。早く出ていけと言われたらその時点で終わりです。あと、2階建ての物件もお勧めしません。階部分だけでガンガン商品を回した方がいいです。ソファー、ベット、テーブルなどを仕方なく置く程度でしょう。家賃の無駄です。入口に階段や段差がある店も使いにくいですね。店頭に商品を並べる作業が一人でも出来る方がいいです。延べ面積で決めてはいけません。