新英語学習世代に向けての適切なサービス

英語学習という言葉が強めに日本に囁かれてから時間がある程度経過したような印象を受けます。

今社会人の世代の人たちは中学校から英語に触れ、様々なサービスの英語学習教材や、様々なサービスの教科書に触れてきたと思います。

しかし、サービス以外に昨年2011年にはついに小学校でも英語学習が必修となりました。

今までは英語が必修でなかった小学校に英語が必修になったのは何故でしょうか。

そしてそれにはどのような意味合いが含まれ、日本の教育にどのような影響をもたらすのでしょうか。




小学校での英語学習必修ということは6年間英語を学ぶ機会が増えるということです。

今までの中高6年間に倍の6年が追加されるということになります。

それも非常に幼い時期から始めるわけです。

その大切な時期にどういったサービスが含まれた英語学習教材を製作するかというのはメーカーとしては責任重大です。

ここでの英語学習教示に求められるサービスは中高の英語学習教材で求められるサービスとはまた次元の異なるものとなるでしょう。




そして、小学校の6年間の下敷きがある状態での中学校の英語学習は、またこれまでとは異質なものになると思います。

2017年度に中学校に入学する子供たちのために今からどのようなサービスが適切かということを試行錯誤しなくてはいけません。

現状のサービスを難解化しただけのものではなく、新たな英語学習に適切なサーボスが必要です。

そしてそれらの重要性はその世代の子供たちが活躍する2030年代に、日本がさらに国際的先進国として欧米列強とのやりとりの中で証明されるでしょう。

Submit a Comment