マンスリーは無理でもウィークリー別荘なら手が届くかも

「別荘」というとお金持ちのものというイメージがありますが、最近は普通のサラ―リーマンでも別荘が持てる仕組みがあるのをご存知でしょうか。
「タイムシェア」というものです。
マンスリーマンションならぬウィークリー別荘というとイメージしやすいかもしれません。
アメリカではポピュラーな制度で、リゾート地にあるコンドミニアムを1週間だけ所有することができる仕組みです。
マンスリーマンションのように家電も家具も揃っています。



日本ではなじみが薄いかもしれませんが、最近はアメリカが本拠地の某有名ホテルチェーンが日本でのタイムシェアの売り込みを強化しているようで、時々ショッピングセンターにブースを出しているのを見かけます。
日本にはまだタイムシェアの制度がないため、物件はアメリカやタイなどのものに限られ、日本の物件はありません。
日本人に人気なのは、ハワイの物件のようです。
そのハワイのタイムシェア物件は、車1台分くらいのお値段なのだとか。



車といってもピンからキリまであるように、タイムシェア物件も広さやグレード、立地などによってピンからキリまであります。
公共の交通網が充実するところに住んでいるのであれば、自家用車を持つ代わりにウィークリー別荘(タイムシェア物件)を持つという選択肢もあるかもしれません。
もちろんタイムシェア物件は複数週の権利を持つことも可能なので、4週間分の権利を購入すればマンスリー別荘とすることも可能です。
お値段は車4台分になりますが。

Submit a Comment