日本の英語学習におけるライティング能力

英語学習におけるライティング能力、これはどのようにしたら身に付きやすいか。この点においては、日本の英語学習の最も得意とする所だと、私は考えている。日本の義務教育において、初めて英語に触れるのは中学生、もしくは早くて小学生の時である。まさに、受験戦争真っ只中に、一つの科目として学ぶ英語は、他の教科と同じくペーパーテストで一律に計れるように教えられることになる。本来英語というものは、コミュニケーションという、目に見えないものであるにも関わらずだ。


つまり、英会話能力という目に見えないものを、発することなく紙に記す、すなわち日本文を英語に直して書き記す、ライティング能力に重きを置かざるを得ず、このライティングの勉強に、日本の学生は全てをつぎ込むことになる。もちろん、ライティング能力も英語学習の一環であるため、これを極めることは英語力を高めることにはなる。しかし、いわゆる英会話において、紙に直している暇などないのだ。文法や細かい単語の綴りというよりも、相手の言っていることを素早く聞き取って、適切な単語をいかに返せるかにかかっている。


つまり、ライティング能力をいくら向上させても、すなわち英会話力には繋がらないのが、日本の英語学習の特徴と言えよう。だがしかし、英字新聞を読んだり、英語で書きものをしたりという分野においては、大いに生かされるこのライティング能力。もちろん、無駄なことなど一つもないのだ。学生時代の英語学習で培ったライティング能力を基礎にして、さらに英会話などコミュニケーション能力をつける学習を始めれば、実践的な英語力をつけるのに、そう時間はかからないであろう。

Submit a Comment